北川 烈(きたがわ れつ)
スマートドライブ 代表取締役CEO(創業者)

北川 烈
年齢 34歳 (1989年4月24日生まれ)
学歴 慶應義塾大学 商学部

学歴・経歴

2013年株式会社スマートドライブ設立
2014年「柏の葉スマートシティ」で実証実験開始
2014年総務省「I-Challenge!」(ICTイノベーション創出チャレンジプログラム)第一号案件に採択
2015年アクサ損害保険株式会社とテレマティクス事業業務提携
2015年第3回「CNET Japan Startup Award」にて最優秀賞を受賞
2016年アクサ損害保険株式会社との共同プロジェクト「MIRAI DRIVE PROJECT」開始
2016年法人向けクラウド車両管理サービス「DriveOps」をリリース
2016年法人向けクラウド車両管理サービス「SmartDrive Fleet」をリリース
2017年ISMS認証取得
2017年プライバシーマーク取得
2018年株式会社モノフル、あいおいニッセイ同和損害保険株式会社と3社業務提携、物流業界向けソリューション提供開始
2018年ISO9001認証を取得
2018年月定額コネクテッドカーサービス「SmartDrive Cars」をリリース
2018年運転見守りサービス「SmartDrive Families」をリリース
2018年経産省「産業データ共有促進事業費補助⾦」に採択。ダイナミックマップ基盤株式会社の高精度3次元地図データにおける共同プロジェクト開始
2018年AI、ブロックチェーンなどの研究開発を行う「SmartDrive Lab」を開始
2018年中国深圳に現地拠点を開設
2018年クラウド車両管理サービスの名称を「DriveOps」から「SmartDriveFleet」へ変更、物流業界向け機能の拡張に伴い、同業界へのサービス提供を本格化
2019年MobilityTransformationを虎ノ門ヒルズにて開催
2019年事業拡大に伴い、東海(名古屋)およびタイ・マレーシアにオフィスを開設
2020年NEDO「Connected Industries推進のための協調領域データ共有・AIシステム開発促進事業」に採択
2020年小田急電鉄と協業し、安心・快適な新しいモビリティ・ライフの実現に向けたプロジェクトをスタート
2020年共通ポイントサービス「Ponta」運営の株式会社ロイヤリティマーケティングと移動データを活用した実証実験を開始
2020年出光興産が展開する超小型 EV の実証実験へ「Mobility Data Platform」の提供を開始
2020年損害保険ジャパン株式会社と「ヒトにつくモビリティ保険・サービス」開発のため業務提携
2020年丸紅株式会社と、EVフリートマネジメントサービス構築に向けた連携を開始
2020年「Mobility Data Platform」を「Honda FLEET MANAGEMENT」に提供開始
2020年経産省・国交省推進の「スマートモビリティチャレンジ」実証事業に選定された『しずおかMaaS』プロジェクトへ参画
2020年日本工営株式会社とインドネシア国マカッサル市における交通データ活用による渋滞緩和に向けた実証実験を開始
2021年キムラユニティー株式会社と データプラットフォーム領域で協業を開始
2021年住友三井オートサービス株式会社と資本業務提携

注目・評判

北川 烈の年収・役員報酬

株式会社スマートドライブの有価証券報告書によると、役員報酬総額は2,273万円で役員数は3名です。
社長はその他役員のおよそ2倍程度の報酬額となるケースが多いので、北川 烈さんの年収(役員報酬)はおよそ1,136万円と推測されます。

北川 烈 出演動画

会社情報

会社名スマートドライブ
URLhttps://smartdrive.co.jp/
証券コード5137 Yahooファイナンス
設立-
上場市場グロース
従業員数72名
時価総額126億400万円
株主
(株)OMU48.33%
日本カストディ銀行(信託口)9.40%
TJ2015.ファンド7.37%
モノフル(シンガポール)6.44%
日本マスタートラスト信託銀行(信託口)4.90%
業種情報・通信業
事業内容

【法人車両の運行管理】走行データを収集・分析。

セグメント

IR情報・決算情報

売上高17億円
営業利益-900万円
経常利益-2,600万円
当期利益-2,800万円
株主資本4億8,900万円
資本比率32.00%
ROE-10.77%

株価・株価指標

株価2,028円
PSR7.37倍
PBR26.15倍
配当利回り0.00%

慶應義塾大学卒の社長

北川 烈さんについての評判

投稿
送信中
コメントはまだありません。